土地区画整理士は、一般の方にはあまり知られていない資格(意外と取ってもあまり役に立たないこともあったりします)で、受験者も毎年300人程度しかいありません。建築業に勤めている方や土地区間管理事業の会社に勤めていらっしゃる人がスキルUPのために取得することが多いです。この資格(取得していると自分の能力の証明になるでしょう)は、土地区画整理事業を滞りなく進めていけるよう、土地の所有者と土地区画整理事業施工者の間にたって、土地提供者同士の利害などを調整するといった国家資格(業務独占資格や名称独占資格のように、取得することで業務を行うことができたり、名乗ることが許されたりする国家資格もあるため、取得しても役立たないということはあまりないでしょう)ですね。この資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)を取得した人は、土地区画整理事業のプロの方として、公平な立場で土地提供者間の利害を調整していくので、社会的評価が高くもたれていらっしゃるでしょうね。土地区画整理士は、土地区画整理事業法に基いて、先々市街地化される予定の地区の道路や河川、公園等の公共施設を整備したり改善されたりします。また、土地の基盤整備がすすんでいない土地の区画を整備し、宅地としての利用促進も図っていきます。それでは、どうして、土地区画整理事業において、土地の所有者と土地区画整理事業施工者との間にたって、土地提供者同士の利害などを調整する必要があります。土地区画整理事業では、土地提供者が少しずつ土地を提供してくれる訳です。でも、道路や公園等の公共施設にするには、提供してくれた土地の地形や形状を改善してなければダメです。その結果として、各個人の土地の持分が減少ししまいます。この土地が減らされる事を減歩と呼んでいます。土地提供者は土地の減歩によるマイナス効果よりも、土地整理事業での改善が上回る場合は満足しますが、これが下回る場合は争いになる事もあります。ここで、登場するのが土地区画整理士です。この土地区画整理士は国家資格にはなるものの、土地区画整理士事業そのものには独占する業務はないですよね。ですので、土地区画整理事業がスムーズに進むかどうかは、土地区画整理士の腕次第になります。土地区画整理士の資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)を持っている方の主な就職先は、土地区画整理事務所、建設、不動産コンサルタントなどです。ー